カテゴリー別アーカイブ: 日米企業(比較)

F1参戦と社員の「ワクワク度」

「経営のグローバル化を図りたい」「グローバル企業を目指したい」……多くの企業の経営計画は「グローバル」という言葉で溢れ返っている。だが「グローバル化」の意味は、実は「海外売上高比率の上昇」であったり、「振興国市場における … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較), 異文化マネジメント | コメントをどうぞ

外国人社長解任と「異質(heterogeneous)の目」

2013年3月28日付の日本経済新聞に小さな記事がひっそりと載っていた。2006年6月に英系ガラス大手ピルキントン(世界シェア=3位)を買収し、「小が大を飲む」買収として話題となった日本板硝子(世界シェア=7位)で、その … 続きを読む

カテゴリー: 日米企業(比較), 異文化マネジメント | 2件のコメント

「職務給」の年功的運用(?)

 経営システムとか人事制度とか、企業経営はさまざまな制度・システムに基づいて行われている。経営システムや人事制度は時代の変遷に伴って改訂されていく。ここで、まず注意しなければならないことは、『制度』はその国の歴史や文化を … 続きを読む

カテゴリー: 日米企業(比較), 生活習慣, 異文化マネジメント | コメントをどうぞ

経営学者はグローバル化に対応できない(?)

「グローバル化に罪はない」というのは名言であろう。2007年のサブプライムローン問題、2008年9月のリーマン・ブラザースの破綻から一挙に金融危機が世界全体に広がり、「100年に一度」と言われる経済危機に陥って、問題の発 … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較) | コメントをどうぞ

「もしドラ」と「成果主義給与」制度の関係

 今や日本企業でも「成果主義」給与制度を導入している企業は多いが、その際、「成果」を測る手段として導入されるのが所謂「目標管理制度」、Management by Objectives(MBO)である。  導入の目的として … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較) | コメントをどうぞ

「追い出し部屋」対「レイオフ制度」

 所謂「追い出し部屋」の存在が報道され、日本企業による「日本型雇用調整」の問題が注目を集めている(朝日新聞2013年1月28日記事など)。「追い出し部屋」というのは、企業内で発生した雇用余剰の調整のため、リストラ策の一環 … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較), 異文化マネジメント | コメントをどうぞ

「亥」は「ブタ」、「年俸制」は幻

今年の干支は「巳」(へび)である。年賀状にはその年の干支を描くのが習わしだから、今年の年賀状の絵柄を考えた人は苦労したに違いない。蛇の場合、リアルに描くのはまずいから、大体は可愛く描かれている。干支は「ね、うし、とら、う … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較), 異文化マネジメント | コメントをどうぞ

社長の「年頭所感」と報酬の関係

今日は1月4日=2013年の最初のweekdayである。今日が本年の仕事始めというところも多いであろう。「仕事始め」ではしばしば社長から「年頭の所感」が示される。伝達の手段は企業の大きさ、事業所の展開度、従業員の数などに … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較) | コメントをどうぞ

海外経験と「異質(heterogeneous)」を見る目

 ソニーの盛田昭夫を初めとして、国際派として知られた日本企業のトップ・マネジメントは以前からみられたが、1990年代に入ると日本企業においても海外経験のある人材や国際派の社長登用事例が目に付くようになってきた。日本のトッ … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較), 異文化マネジメント | コメントをどうぞ

日本人の若者の「根性」とグローバル人材

 日本ではいま、「グローバル人材論」が盛んである。新聞、雑誌、テレビは勿論、ビジネス書や講演会、果ては「グローバル人材育成コース」なんて研修まで売出し中である。 「グローバル人材」という言葉に込められた意味は曖昧で、それ … 続きを読む

カテゴリー: グローバル人材, 日米企業(比較), 異文化マネジメント | コメントをどうぞ